ゼミナール

ゼミナールでは質的研究法について書かれた文献や、質的研究法を使って行われた研究論文を読んでいきます。近年は下記の文献から学びはじめています。

鈴木聡志, 大橋靖史, 能智正博(編).(2015)『ディスコースの心理学:質的研究の新たな可能性のために』. ミネルヴァ書房.

 

より深く学びたい方へ​

 

日本質的心理学会.(2002−)『質的心理学研究』. vol. 1− vol. 19. 新曜社.

日本質的心理学会.(2009−)『質的心理学フォーラム』. vol. 1− vol. 11. 新曜社.

能智正博, 香川秀太, 川島大輔, サトウタツヤ, 柴山真琴, 鈴木聡志, 藤江康彦(編).(2018)『質的心理学辞典』. 新曜社.

横山 草介, 博士(学術) Sosuke Yokoyama, Ph. D.

東京都市大学 人間科学部 准教授

Associate Professor, Department of Human Life Sciences, Tokyo City University

〒158-8586 東京都 世田谷区 等々力 8-9-18

e-mail: syokoyam<at>tcu.ac.jp

© YOKOYAMA LABORATORY. All Rights Reserved.

  • Facebook
  • さえずり
  • Instagram
  • YouTubeの
  • アマゾンの社会のアイコン